射手座の対極星座は双子座 

星座

射手座の守護惑星は巨大な木星で、木星のことと共に対極の双子座の守護惑星である水星のことも知るとさらにパワフルになります。

対極の双子座は足りないところを補ってくれ、その双子座を支配する守護惑星である水星の力も有難いです。

自分の誕生星座と一緒に対極星座の性質を意識することで、より安定した運勢になります。

①【射手座の対極星座は双子座】概要

水星はラテン語で Mercurius(メルクリウス / メルクーリウス)といい、英語で Mercury(マーキュリー)といいます。

守護惑星という言葉の guardian star(ガーディアンスター)の guardian は保護者・守護者という意味です。

水星は太陽系の惑星の中で、太陽に一番近い公転軌道を回っており、その自転周期は約59日で公転周期は約88日(一年が88日)です。

水星では88日間はずっと昼間で、88日間はずっと夜ということになるので、水星の一日は176日ということになり、一日の方が一年より長いということになる不思議な惑星なのです。

そのことを理解するまでに考え込んでしまいますね。水星は太陽を2周する間に3回自転していることになります。

水星の直径は地球の約5分の2で月より少し大きく、質量は地球の18分の1です。

水星では昼間の温度が赤道付近でで430度にもなり、夜は太陽の光が当たらないため温度はマイナス170度にまで下がります。これは水星に大気も海も無いためです。

また水星は月のような表面をしているため、クレーターが多くあるといわれています。

水星には水は無いのですが名前は水星です。Mercury(マーキュリー)という名は、ローマ神話の神メルクリウス(Mercurius 商業と盗賊の神)に由来しています

また水星は46億年前に、地球、金星、火星と同じ頃に誕生しています。

水星は日の出前の約1時間または日没後約1時間しか見ることができず、見ることは難しい惑星です。

対極の星座の性質を知ると同時に対極の守護惑星について知ることは、星座に対する意識を高めることに繋がります。

②【射手座の対極星座は双子座】守り神

水星は西洋占星術のホロスコープで、知性とコミュニケーションを表し双子座と乙女座の守護惑星であり、双子座と乙女座の守り神です。

水星(マーキュリー)は足が速いため神達の間の伝達役でもあり、ギリシャ神話では水星ヘルメスと呼ばれています。

ヘルメスとはギリシャ神話でオリンポス12神の一人で、ゼウスとマイア(アトラスの娘)の子であり神達の使者として働き、また幸運と富の神として商業や発明・盗人・旅人の守護神といわれています。

ギリシャ神話は今や世界的な神話ですので、オリンポス12神も今や世界的な神達ということになります。12人もの神がいてくれることは心強いことです。

水星は知性と情報とコミュニケーションを司る惑星であることから、正しい知識と情報や会話を見抜き、間違った知識や情報に惑わせないように本人が意識することを見守っています。

射手座の守護惑星の木星は太陽系で一番大きな惑星であり周るスピードは自転周期10時間というように速く、双子座の守護惑星である水星は太陽系で一番小さい惑星ではありますが足が速く、どちらも速いということが共通しています。絶えず活動しているということです。

水星には物事を読み解くカギとなる知性が備わっているということです。

物事に対する努力を重ねていた場合、木星が大きな運をもたらす時に水星の力も加わり知性が大きく働いたら心強いことです。

水星の力が加わることで、木星がもたらす大きな運に不安定なところが無く確実な大きな運となるのです。

そのために必要なものは、その確実な大きな運に来てもらうための自分の大きな努力です。

木星は大きいので大きな努力という基盤が無いと、乗る所が無く来ることができません。

また水星も大きな努力の上には、大きな確実性という力を注いでくれるのです。

まずは木星と水星の力を信じることです。

木星は自分のシンボルとして輝いている恒星の射手座を、水星は自分のシンボルとして輝いている双子座を守ってくれているのですから、つまりは木星と水星が自分を守ってくれているということです。

射手座の強みは探究心が強いことで、双子座の強みは知識欲が強いことです。

射手座と双子座の両方のいいところを足して、正しい探究をして物事をやり抜いていくことを目指すのです。

③【射手座の対極星座は双子座】まとめ

自分の誕生日星座の恒星が太陽と同じように自らの光で輝いているというのは、自分の命として輝いているということでとても心強いです。

その誕生日星座の守り神である惑星は、自分にとっての守り神でもあります。

恒星の星座も守護惑星も架空のものやおとぎ話ではなく、実在しているということがとても心強いのです。

木星や水星や星座までの実際の距離はとてつもなく遠いものですが、そこのところは問題では無く、大切なことは気持ちの上で星座や守護惑星を身近に感じることです。

自分が星座や守護惑星を身近に感じたら、もうすでに星座も守護惑星も身近にすぐそこにいます。

宇宙に比べたら自分の存在がちっぽけなものに思えるということを聞いたことがありますが、一人の人間の命は46憶年の地球の歴史の上に存在しているのですから、一人の人の命の重さは言い表せない程に重たいものです。

人間には日々の発展があり進化がすさまじいのです。

その人間のすさまじい進化に自分も乗っかっていたいと思うところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました