射手座は強い

星座

射手座(人馬宮)で弓を射る人は常にまっすぐ前を見て矢を放ち、そのとき未来に向けて矢を放ち見事に命中させ勝利を獲得します。

人馬宮は強いという性質を信じて前進すると自然と道は開けます。

星座は夜空で全ての人に平等に光っていることが最大の魅力です。

①【射手座は強い】常に前を見て的を狙う

射手座というと、狙いを定めて的に当てる能力が高いことが思い浮かびます。

また下半身が馬ということで、運動神経が良く獲物を得やすい位置に身を据えます。

射手座というとチャレンジ精神旺盛といいますが、未知のものに挑んでいく場合、踏み外すとか失敗するとか方向を間違えるといった危険が常につきものです。

そのため用心深さも持ち合わせ慎重に進むことです。色は白と黒といった場合、白の絵の具の中に黒の絵の具が混ざってくると、どんなに白の絵の具を足したところで元の真っ白に戻ることはできません。

人間も同じで、白の絵の具が楽しい思い出で黒の思い出が嫌な思い出だとしたら、嫌な思い出の方が勝ってしまい、どんよりといつまでも暗い影となってつきまとうものです。

そんな時の強みが射手座です。

弓を持って矢を放つときは、常に前だけを物凄い集中力で見ています。

後ろの物に目を付けたりはしないのです。

例えば自分を懲らしめた犯罪者が犯した罪は消すことができないから、その犯罪者の未来に向かって矢を放ち命中させ、その犯罪者の未来に命中させ罪をしっかり償わせるといったところです。

あくまでも例ですが、過ぎたことを水に流すとか忘れるとかではなく、その犯罪者の未来に目を向け、しっかりと犯した罪を償わせるのです。

そうすることでしか犠牲者が報われることはないのです。

誰も見ていないから騙せると思ったら大間違いで、数えきれないほどの星達がいつもじっと見ています。昼間であって光っては見えなくても星達は常に存在しているのです。

星達をあなどらないことです。

②【射手座は強い】対極は双子座

射手座の対極の星座は双子座です。

双子座の特徴は明るくポジティブなことです。

学習意欲が高く学ぶ意欲旺盛で、常日頃から様々な事に関心を示し、常に学びの姿勢でいるため特別勉強の時間というものをとらなくても、様々な知識が身に付いていきます。

射手座の人というとまるで一人で突っ走るかのようですが、そこは対極の星座の双子座が人との間の協調性を持つことを諭しています。

対極の星座は足りないところを補ってくれるといいますから、射手座の人は対極の星座の双子座の性質もよく知って自分の中に取り入れると、より安定するのです。

また双子座の双子の兄弟は一人が人間として生まれた兄カストルで、もう一人は神として生まれた弟ポルックスです。

弟ポルックスは兄カストルが戦場で亡くなった後、自分は神なので死ぬことができないので、その不死の身を父ゼウスに解いてもらい、兄カストルと一緒に天に上がり双子座の星座になり仲良く二人で輝き続けているのです。

そのように相性のいい者同士というのは、一緒にいるのが一番幸せなのです。射手座の人も相性のいい人と一緒にいることが一番幸せなのです。

対極の星座双子座のことも自分のこととしてとらえると、よりいっそう安定した基盤ができると思います。

③【射手座は強い】月星座が蠍(さそり)座

蠍(さそり)座が月星座の人は、自分が思い描くことへの成功する才能に満ちています。

表面には表れなくても、内に秘めているまたは備わっている性質が月星座の持っている性質です。

開運のもとになるので月星座を知っていることが開運の近道になります。

何事も知らないよりは知っていた方がいいものです。

逆に知らないことほど怖いことはありません。また知っていることほど安全な事はありません。

蠍(さそり)座が月星座ということで、陰から獲物を狙い並外れた集中力を発揮するという力を持っています。

そのことを認識し心の中に秘め、自分の自信にしていくのです。

あくまでも用心深くです。今の世の中どこに騙しや落とし穴があるか分からないので、用心深く進むのです。

一見口がうまくいい人に思える人も危険人物ということもあるので、簡単に人を信用しない用心深さも必要です。

蠍(さそり)は物事を見抜く鋭い目、一瞬にして物事をとらえることのできる力を備えているので、その力を十分に生かすことです。

いざとなった時に頼れるのは、自分の力だけです。

自分ほど信頼できて頼もしいものはないのです。

人というのはいくら親身になってくれたところで結局は人のことですが、自分というのはどこまでも自分のことで、一番自分を大事にしてくれる有難い存在です。

あまり知られていない月星座を理解して、有利な自分の傾向を知ることが成功の近道です。

④【射手座は強い】守護神は木星(ジュピター)

木星ジュピター(Jupiter)は直径が地球の約11倍もあり、質量は約320倍、体積は1321倍もあり、自転速度10時間という速さで、太陽の周りを一周するのに12年かかるという太陽系最大の惑星です。

ギリシャ神話では宇宙を司る大神ゼウスだといわれています。

ジュピターというのは、ローマ神話の気象の神ユーピテル(ユピテル/全知全能の神)の英語名です。

木星はマイナス2~3等星で金色に光る大変明るい惑星で、水素やヘリウムからできている太陽と同じガス惑星です。

そのため地球のような固い地面はありません。

木星は巨大な姿で速い速度で自転していますが、軌道上を逆走したり自転を反対周りに回ったりということは決してありません。

そこをお手本として、道に外れることなくのんびりとでは無く、一定の速さで前進し続ける力を共有できたら成功だと思います。

守護神は守り神であり運を授けてくれます。

そのため射手座の人が一定のリズムを持って日々努力していれば、巨大な守り神木星が木星に見合った大きな運を授けてくれるのです。

努力を重ねて木星が自分に運を授けてくれたと思ったら、その努力のリズムを崩すことなくそのまま努力を重ねて行けばいいのです。

強みは木星は想像上の惑星ではなく、実在する惑星ということです。

⑤【射手座は強い】まとめ

大切なことは、自分が生まれた射手座という星座の持つ意味を理解して信じることです。

気持ちが射手座に何の関心も無ければ、射手座も寂しがり勿体ないことだと思います。

せっかく射手座が進むべき道しるべを示し、自分の持ち合わせている向かうべき方向の特徴を示してくれ、その長所短所や注意すべき点、対極の双子座や守護星の運が付くようにと諭してくれるのですから、まずは信じて心の片隅に置きふとした時に思い出すことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました