双子座 【兄は人間として弟は神として生まれた双子】

星座

双子座(双児宮)は5月21日から6月21日までに生まれた人の誕生日星座です。

大神ゼウスの双子の息子のうちの人間の兄が戦場で命を落とし、不死の神の弟は深く悲しみゼウスに不死の宿命を解くことを強くお願いします。

願いはゼウスに通じ兄と弟は一緒に天に上げられ双子座になり、天で仲良く一緒に光り続けています。

①【双子(ふたご)座 (双児宮 そうじきゅう)】概要

双子(ふたご)座は誕生日が5月21日から6月21日までの人の星座で、星座の絵には左右対称の青年の双子が描かれています。

双子座はラテン語で Gemini(ジェミニ)といい、英語で the Twins(ツインズ)といいます。

誕生日は新緑の真っ盛りの若葉かおるいい季節です。

誕生日星座の双子座の見頃は誕生日より3~4か月前に当たる冬で、冬の終わりから春の始め頃が見頃で2月20日21時が正中の位置になります。

双子座は黄道(こうどう)十二星座の一つで、トレミー48星座の一つです。

黄道十二宮の3番目の双児宮(そうじきゅう)は獣帯の黄経60度から90度までの領域です。

オレンジ色っぽい色の1等星(星座を対面して見て左)が弟のポルックスで、白の2等星(星座を対面して見て右)が兄のカストルで、双子の兄弟の名前が星の名前になっています。

双子座の中に3.0等以上の恒星は5個あります。

双子座は冬の大三角形といわれるおおいぬ座、こいぬ座、オリオン座の上に位置しています。

双子座のマークはギリシャ神話に登場する、カストルとポルックスという天の双子をギリシャ数字で表し、二重性・両極性という意味です。

4つのエレメント(四大元素の要素)地・水・風・火のうち、双子座のエレメントは風つまり空気でその中の柔軟宮です。

他の風のエレメントの星座は、天秤座水瓶座で、風のエレメントの星座の人の特徴は軽やかさにたけているところです。

占星術三区分に活動宮・固定宮・柔軟宮があり、活動宮は季節の始まりにある星座の領域のことをいいます。

そして固定宮とは季節の真ん中の星座の領域のことをいい、柔軟宮は次の季節への移り変わりの星座の領域のことをいいます。

それぞれに物事に対する姿勢として活動宮は活発に始めて継続する、固定宮は発展させて盛り上げていく、柔軟宮はさらに発展させながら次に繋げていくという役目があります。

つまり歩みを止めない、引き返さないということです。

双子座と対極の星座は射手座なので、射手座の要素を取り入れて補っていくとより安定します。

②【双子(ふたご)座 (双児宮 そうじきゅう)】ギリシャ神話

双子座の二人は大神ゼウスの息子で、一人が戦いで命を落とした兄で人間として生まれたカストルで、もう一人は兄の死を悲しんだ弟で不死の神として生まれたポルックスという双子です。

兄カストルは人間である母親の血を濃く受け継いだため人間として生まれており、弟ポルックスは大神である父親の血を濃く受け継いだため父親ゼウスのように不死の神として生まれています。

大神ゼウスがスパルタという国のとても美しい王妃レダを気に入り諦められず、白鳥の姿でレダの元に行き、生まれたのが、カストルとポルックスという男の双子の兄弟です。

二人は大きくなると勇ましく成長し共に戦場で戦うようになり、二人は数々の戦いに勝っていたのですが、兄のカストルが敵の矢に当たり亡くなってしまいました。

弟のポルックスは悲しみに暮れ立ち直れませんでした。

ポルックスは大神ゼウスと同じく不死の身であり死ぬことができない身のところ、ゼウスに強く頼み自らの死を願い入れたところ、ゼウスにポルックスの思いが通じ、双子座の星座となって兄カストルと共に空に上げられました。

双子座で二人仲良く夜空で光り、二人はいつも、またいつまでも一緒にいられるようになったのです。

③【双子(ふたご)座 (双児宮 そうじきゅう)】性格の特徴

双子座のラッキーカラーは黄色です。

黄色は元気が出る色で、前向きな双子座の人にお似合いの色というのが理由です。

双子座の人の特徴は、何といっても明るいことです。

この明るいということが、ポジティブに前に進む時の原動力になるとても重要な要素です。

暗くネガティブな場合は元気を取り戻してから物事に取り掛かるところ、明るければ時間の無駄なく明るさという原動力で、滞りなく前進していけるからです。

時間はどんどん過ぎていき待っていてくれません。

双子座の人は時間を有意義に使うことが上手です。

いつも明るいというと、物事を深く考えないとか真剣みがないと思われがちですが、暗く落ち込んでしまっては立ち直りに莫大なエネルギーを使うので、人からは軽いと思われても暗くならないということは素晴らしいことです。

そして知識欲旺盛で特に勉強するという意識を持たなくても、日頃から色々なことに関心が湧くと自分でどんどん知識を身に付けていきます。

また人との間には協調性があり、和気あいあいとした雰囲気を好みます。

双子座の人は知識や様々な情報に詳しく色々なことを知っていて話題豊富であり、明るく社交的で人と話をすることに積極的で、上手にその場での会話を繋ぎ話題を振りまく楽しい存在です。

④【双子(ふたご)座 (双児宮 そうじきゅう)】まとめ

双子として生まれた兄弟のうちの一人が命を落とした場合、仲がよくていつも一緒にいた兄弟であると、生き残ったもう一人は亡くなったもう一人のことを生前よりより一層慕うのだと思います。

二人で星になり輝き続ける双子のカストルとポルックスは、仲の良い幸せな双子の兄弟ですね。

双子座の人の特徴の持ち前の明るさは、何ものにも勝る素晴らしい武器ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました