射手座 【首から上が人間で体は馬の半人半馬の姿】

星座

射手座(人馬宮)は11月23日から12月21日生まれの人の誕生日星座です。

射手座の人は情熱的で鋭い洞察力で物事を見抜きいつも何かに挑戦し、半人半馬の姿で人間と馬の両方の優れたところをもっています。

謎めいた中にも信頼が感じられ、熱い思いを持った星座です。

①【射手(いて)座 (人馬宮 じんばきゅう)】概要

射手(いて)座は、ラテン語で Sagittarius(サジリアス)といい、英語で the Archer(アーチャァ)といいます。

英語の Archer とは射手、弓の射手という意味です。

Archery(アーチェリー)という弓で矢を放ち、標的を射る射撃競技はおなじみですね。

自分の誕生星座は3~4カ月前に見られるので、射手座の人が射手座の星座を見られるのは夏の夜空で、射手座は天の川の中にあり、夏に輝く特に美しい星座で、南斗六星が射手座です。

射手座は人馬宮(じんばきゅう)で黄道12宮の9番目で、目安として11月22日から12月22日まで太陽が留まります。

12月22日は年によっては山羊座に入っていることもあり、カスプ(星座と星座の間の境界)の人には注意が必要ですが、自分の生まれた年が山羊座か射手座かはホロスコープのサイトで調べることができます。

ホロスコープとは占星術で個人を占うために、惑星、黄道(こうどう)12宮、十二室(ハウス)、角度(アスペクト・2つ以上の天体同士の間の黄経差0~180度)で示される配置図のことです。

春分の日の太陽の位置(春分点)を起点として、360度の黄道12宮を30度ずつの十二室に分けたものが黄道12宮です。

人馬宮(じんばきゅう・射手座)は白羊宮獅子宮とともに、四大元素の火に関係があり火の宮に分類されます。

人馬宮に対極の宮は双児宮です。

星占いでは黄道12星座ではなく黄道12宮が使われるので、射手座生まれは星占いでは「人馬宮生まれ」となります。

②【射手(いて)座 (人馬宮 じんばきゅう)】神話

人馬宮と呼ばれる射手座は、ギリシャ神話のケンタウルスの賢者キロンの姿だといわれています。

ケンタウルスとはギリシャ神話に登場する半人半馬族のことです。

キロンは狩りの第一人者で、また走るのも速かったため、手に弓矢を持ち狩りに優れていたことを表しています。

キロンは時の神クロノスの息子で、占星術、医術、音楽、哲学、武術などにずばぬけた才能があり、人々に教えることもありました。

キロンのもとで文武を教わった若者達は、皆立派に名乗りを上げられる程になり認められていきます。

ところがキロンは科学を教えた教え子のヘラクレスが宴会の時に、過失で放った矢のために亡くなってしまいます。

その時ゼウスは英雄キロンの死を悼み、キロンを空に上げて星座にしたといわれています。

③【射手(いて)座 (人馬宮 じんばきゅう)】性格の特徴

射手座の人は何といってもポジティブで明るく、楽しいことが好きで、何でも楽しみながらやるというタイプです。

また学習意欲が高く、色々な知識を身に付けようとし常に前向きです。

星座の姿になったキロンは、首から上は人間というところから知識を身に付け考えることにたけていて、また体は馬であることから運動能力が高く特に走ることが得意という、人間と馬のいい面を持ち合わせています。

そして、キロンが持っている弓と矢は自由の象徴であるといわれます。

好奇心旺盛で興味を持ったものには夢中になり、もうやり尽くした頑張ったと思うと次のものに興味が移り、人から見ると飽きっぽいと見られることがあります。

しかし、本人としてはいい加減にやって放り出したのではなくやりきったのですから、学びの精神旺盛ということで胸を張っていいのです。

過ぎたことに目を向けるのではなく、これから先のことに目を向けるので、基本ひどく落ち込むよりも、もうすでに一歩も二歩も前進するタイプです。

そして過ぎたことを後悔して悩むより、好きな仕事など何かに夢中になって楽しく過ごすことを優先させます。

一見失敗を恐れもしないように見えるかもしれませんが、決してそうではなく、物事に対して踏み外さないことには敏感で自分の身の安全を保ち続けます。

大きな失敗は無くても物事には小さな失敗はつきものですが、失敗は失敗ではなく次への財産だと明るい解釈をし、さらにステップアップしていくのです。

そして型にはまった窮屈なところに身を置くのが苦手で、常に自由でありたいと思うところが射手座の特徴です。

かといって孤独を好むのとは違い、相性の良い相手のことは大切にします。

自分に得があるからという視点で人をみるより、相性が合うことが第一に大切と認識しています。

とんとん拍子にものごとが進む方がむしろ怖く、思うようにものごとがはかどらなくても、決して諦めません。

またこれをやると決めたら脇目もふらず、ひたすら前向きに取り組みます。

そして正義感が強く、ずるい事や怪しい事、人をだますことには大きな抵抗があり、人とうまくつるんだりすることをとても嫌います。

射手座の人は、自分をかたく信じているので、夢は見るものではなく叶えるものという言葉の通り、いつかは前向きな努力が報われるのです。

④【射手(いて)座 (人馬宮 じんばきゅう)】まとめ

射手座と聞くと直感的に、うわっいいなと思います。

激しい人生でも踏み外すことのない強さを、射手座の人に感じます。

射手座の星座が夏の夜空の天の川で、美しく輝くところに惹き付けられます。

真っ直ぐで明るい射手座の人が、大きな向上心とポジティブな行動力で成功することを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました