キャッチコピー【ワクワクする魔法の言葉】商品の訴求文の要

雑記

キャッチコピーはブログに成果報酬型広告を掲載するときの商品の訴求文の要(かなめ)として、見出しに使われ魔法の言葉になります。

キャッチコピーは文字が一回り大きく人目を惹きます。

そこでキャッチコピーが有効に使われるように、人々の心に響くキャッチコピーを作りたいですね。

①【キャッチコピー ワクワクする魔法の言葉 商品の訴求文の要】気を付けること

書かれた記事の読者の属性と広告の商品の属性が合っているか、もう一度確かめます。

属性の要点、特に年齢と性別に気を付けます。

キャッチコピーで読者が関心を示してくれれば、商品の説明文も読んでもらえるかもしれません。

キャッチコピーとは広告の宣伝の言葉のことです。

一般的にキャッチコピーは短い言葉の方が読者に強く印象付けることができると言われます。

その商品にピッタリ合ったキャッチコピーが決まると、痒いところに手が届いた時のような、またもやもやしていた霧が晴れた時のような嬉しい気分になります。

次はキャッチコピーを作る時の要点です。

1:読者にとって必要な物と思ってもらえるための言葉作りのため、キャッチコピーの元になる頭に浮かんだ言葉を集めて、ピンとくる言葉を作るようにします。

2:自分がお客さんになったつもりで、自分がその言葉でピンとくる感覚があるか考え、リアクションを起こして商品を買う気になるか考えるようにします。

対象を自分に置き換えてみると、感覚が分かりやすいです。

3:ありふれたつまらないキャッチコピーにならないようにし、面白くて好感度のいいキャッチコピーを考えます。

4:オーバーで過大な表現や、極端な言い回しにならないように気を付けます。

5:使う文字が漢字、ひらがな、カタカナ、英語でイメージが変わるので、当たり前というより面白くて好感度が上がるように考えます。

6:意味不明なものや、読めない漢字や、理解できない言葉は使わないようにします。

商品にピッタリ合っていて、分かりやすくて簡単で、面白いキャッチコピーが一番です。

②【キャッチコピー ワクワクする魔法の言葉 商品の訴求文の要】25文字以内で作る

人間にとって大事な言葉ほど、英語では短い言葉で作られているといいます。

代表的なものは「I」で私です。次に自分を守る「NO」です。

英語はアルファベットの数を変えられませんが、日本語は漢字にするかひらがなにするかで文字数が変えられるので、融通が利く面もあります。

キャッチコピーの文字数は25文字以内が説得力を生かせるといいます。

キャッチコピーで広告の商品の特徴を、短い言葉で最大限にアピールすることが必要です。

お客さんが見て不快に思ったり、本当かなと不審に思ったりすることがないような、面白くて楽しいキャッチコピーが理想です。

お客さんを自分に置き換えてみて、自分の反応で確認するのもいい方法だと思います。

キャッチコピーを考える時、お客さんの不安をあおったりすることのないように気を付けたいと思います。

③【キャッチコピー ワクワクする魔法の言葉 商品の訴求文の要】特徴

例えば「富士山百景万歳」というキャッチコピーと「富士山青富士も赤富士も雪富士も何でもあり万歳」というキャッチコピーでは、文字数は7文字と22文字で随分違います。

最初の7文字の方は短く覚えやすく記憶に残りやすい方だと思います。

そして何に対して万歳なのかは、その後の説明文での説明になります。

次の22文字の方は、キャッチコピーだけで内容のイメージは湧きますが、一回聞いただけでは記憶に残りません。

ましてや22文字の方は見づらく、読む人をイライラさせ、記憶にも残りません。

しかも22文字の方は漢字でごちゃごちゃしていて読みにくく、読むのも面倒でスルーしたくなるような感じで、全然よくありません。

どちらを選ぶかと言えば、前者の7文字のキャッチコピーを選びますが、全部漢字で硬い感じがします。

もっと簡単で読みやすく分かりやすい方がいいと思います。

この場合はもっともっと簡単で子供にも読みやすくするため、そしてあえてひらがなを使い「うつくしい富士山」に変えてみます。

これはあくまでも例です。「うつくしい」を全部ひらがなにしたのは「うつくしい」と「富士山」をひらがな対漢字にして、メリハリを付けるためです。

「うつくしい」を「美しい」と漢字にしてしまうと、ありふれたつまらないキャッチコピーになります。

簡単で短くて覚えてもらいやすいキャッチコピーが、キャッチコピーに向いています。

商品の説明は次に続く説明文に短く書きます。

これはあくまでも、キャッチコピーを考える人の自由で、考えた本人が納得して気に入ることも大切だと思います。

④【キャッチコピー ワクワクする魔法の言葉 商品の訴求文の要】まとめ

一日のうちで3分でもキャッチコピー遊びというか、身の回りの物や思い付いたものにキャッチコピーを付ける練習をしてみてもいいと思います。

いや3分という時間ではなく、1つでいいので何かにキャッチコピーを付ける練習をするとそれだけでも慣れて、キャッチコピーのひらめき方が変わってくると思います。

わざわざ時間を作るのではなく、寝る前の2分とか、お風呂のお湯につかっている時などのちょっとした時間を利用するのです。

私はキャッチコピーを考えることが得意とまではいきませんが好きなので、キャッチコピーを考える時は楽しい時間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました